歯科電話相談窓口に寄せられた相談・苦情

インプラント治療後の麻痺 【インプラント】

書き込み:2018/05/14-17:51
上顎に6本のインプラント・12本の上部構造で契約し、12本分の仮歯で数か月過ごした後、上部構造を装着した。
ところが装着したものは11本分であり、この件について質問すると「じゃあ、1本分返金するからそれでいいでしょ?」との回答だった。全く誠意を感じられない。
また、左上奥に自歯(残根状態)が2本残っているが、この部分の治療はインプラント費用(350万円・これ以上出せないのでこの金額で出来ることを希望した)に組み込まれていると理解していたのだが、別会計だとの答え。
上部構造の材質は硬質レジンとのことで、インプラント経験のある知人によれば硬質レジンは保険診療の材料なので自費診療に使うなどあり得ないとの事。掃除がし易いようにしておいたとの説明は受けたが、スース―空気が漏れるし困っている。

相談者のお話しか伺っておりませんので先生の真意は不明ですが、十分な理解や納得できる説明や処置が行えなかったのは残念なことです。使用材料に関しては確かに一定条件を満たした場合に保険診療として使用できるものではありますが、インプラント上部構造に使ってはいけないという訳でもありません。根拠があって選択されたと推測するしかありません。インプラントは術後の管理が重要です。歯科医院での定期検診だけでなく、日頃のご自身のお手入れも重要ですので、清掃しやすいように設計されたという先生の説明はその通りでしょう。12本分の歯を6本の人工の根で支えるという事は設計上隙間が生じるのは致し方ない面もあります。