歯科電話相談窓口に寄せられた相談・苦情

セカンドオピニオンをしたが疑問が残る 【補綴】

書き込み:2015/11/17-21:56
以前に電話相談をしたところ、「セカンドオピニオンをしてみたら」と言われ、他院にて診てもらったらX線の診断が違った。下の歯の6番が腫れて抜歯した。その前の5番に現在セラミックが被せてあるのだが、1軒目の(以前から通院している)先生のX線診断では「う蝕は神経に到達していない」と言われた。2軒目の先生のX線診断は、「神経にう蝕が到達している」と言う。1軒目の先生から2軒目の先生に診てもらうのに1週間も経っていないがなぜ違いがあるのか。2軒目の先生は「X線撮影の角度の違い」と言うが、納得がいかない。5番目の歯は痛みなどないし、そのままにしたいが、このままで良いか。
また、Brと義歯ではどちらが良いのか。上の顎に入れ歯を入れているが、入れ歯を作成した歯科医院でなくても調整してもらえるか。

X線はあくまでも確定診断は出せません。う蝕が神経に到達しているかは冠を外さないとわかりません。むし歯がある以上治療すべきだと思います。Brと義歯のメリット、デメリットを説明しました。また、他院でも義歯の調整は出来ますと伝えました。