歯科電話相談窓口に寄せられた相談・苦情

リーマー破折で抜いた歯の後始末について 【保存】

書き込み:2015/07/27-21:14
担当医は、リーマーを破折させたことを隠して治療を続けたが、腫れて大学病院を受診したところ、抜歯以外の方法はないとのこと。他の開業医も同じ意見だったので、抜歯をした。担当医はA市のBデンタルクリニックで、抜歯の後始末として、両側の歯を削ってBrにした時、セラミックで1本10万円くらいでどれくらい持つのか他の先生に聞いたら、10年か20年くらいと言われた。補償として今の治療とBrが駄目になった後の治療も出してもらえるのか。C先生は、リーマー破折は良くあることで、自分の責任ではないと言っている。

まず、担当歯科医がミスを認めないと話が先に進みません。誰の責任かは裁判で決めるしかありません。C先生が弁護士を頼んでいる以上、相談者ご自身も弁護士を頼むしかないと思います(そのつもりのようです)。
また、補償は現状回復を認めるのみで、将来の結果についての補償までは含まれていないと考えますと伝えました。