歯科電話相談窓口に寄せられた相談・苦情

歯科での血圧測定 【治療方法・内容】

書き込み:2018/03/01-17:36
【歯科での血圧測定】
<種別:治療内容 内容:質問、苦情、不信 詳細:その他>
昨年10月から近所の歯科医院に通院している。昨年3回ほど歯の欠けたものの修理などを行いその時に麻酔も使っている。
今年の3月に右上の4番目の差し歯が取れて、歯根破折しているので抜歯が必要と言われた。その時に血圧測定を行い血圧が高いため抜歯ができないと言われた。
E大学病院の内科を受診したが特に異常なしと言われていて、自分で血圧計も購入し自宅で測っているが正常範囲であった。
6月2日に予約で行ったところ、また血圧を測定した。しかし、今度は器械が調子悪いとのことで計測ができなかった。家でも測っていて問題ないので処置をしてくれと言ったが血圧がわからないので麻酔をしての抜歯ができないと言われた。
昨年は血圧など測定しないで麻酔していたのに言っていることが矛盾する。血圧を測定しないと処置をしないのが一般的か?そこまで血圧に拘るのに血圧計が壊れているのはおかしいのではないか?

【抜歯などの外科処置を行う時には血圧に注意するのが歯科治療の常識です。処置前に血圧を測定するのが理想ですが、全ての歯科医師が処置前に血圧測定を行っているわけではありません。
問診票での血圧に関する異常の記載がないことを確認し、その日の体調を問診し、顔色などを観察して問題ないと判断し処置を行うことも良くあることです。
確かに血圧に拘るのであれば血圧計は予備も含めてしっかり用意しておいて欲しいですね。多少問題な部分もありますが、全体的には真面目に治療を行っている歯医者さんではないでしょうか。】