歯科電話相談窓口に寄せられた相談・苦情

母の義歯についてセカンドオピニオンを検討中 【治療方法・内容】

書き込み:2017/01/27-16:22
84歳母の義歯作製(総義歯)について、主治医より30万円の保険外義歯を勧められ、本人は承諾してしまっており印象採得済。聞き取りによると、義歯は問題なく使えており新製を希望していないようだ。とりあえず次回以降の予約はキャンセルし、作製を止めてもらっている。母は義歯の新製が必要な状態なのか否かについてセカンドオピニオンを検討しているが、この際現主治医より紹介状やカルテ開示を求めたいと思うがどうか?

セカンドオピニオンを受ける場合、主治医の紹介状は不要です。一般的に主治医紹介状は主治医の判断で他科や高次医療機関等に診療依頼する場合に発行するもので、セカンドオピニオン受けたいという患者の求めに応じて発行されるものではありません。カルテ開示は所定手続により求めれば実費にて応じてもらえる可能性はありますが、セカンドオピニオンは前医・主治医の診断等の良否を判断するものではなく、あくまでセカンドオピニオン医の診断である為、主治医のカルテやレントゲンを参考に比較検討検証することはありません。前医・主治医の診断に疑義があるためという理由であれば、セカンドオピニオンは断られる可能性もあります。
主治医の診断に疑問があれば、主治医に尋ねることが何よりも重要です。